結局どれ?小学生が選ぶべきサッカーボール

育成

期待の我が子にどのボールを選べばいいのか、迷われるお父さん、お母さんも多いでしょう。

大きさ(サイズ)や金額、機能など何を基準に買えばいいのか考えますよね。

個人的にはサッカーボールの選び方は、初心者だとか上級者だとかでは変わらないと思っています。

低学年でも高学年でも関係ありません。

今回は、私の経験に基づくおすすめを独断かつ厳選し紹介します。

<でも、その前にちょっと待って!>

そもそもボールって一つだけ買えばいいんでしょうか?

もしお子さんがチームやスクールに入ったなら、ボールの選び方と同時に、是非取り入れて欲しいおすすめの「使い方」があります!

今回は、おすすめボールとその使い方をご紹介します。

推奨:「質の高いボール」と「安いボール」 を2つ買う

それは、「チーム練習や試合用」に質の高いボール、「自宅練習用」に安いボールを、それぞれ1つづつ用意し、2つを同時に使っていくことです。

なぜ2つのボールを使うのか

今までの経験ですが、「質の高いボール」は練習や試合に用途を限定すれば、3年くらいは使えます。

小学生の6年間では、2回買えばよい計算。

しかし、サッカーは、プロになるまでにどれだけボールに触るかで、上達のスピードが雲泥の差になると言われており、特にジュニア年代では、ボールタッチを増やすために自宅周辺での自主練習は必須。

ところが、自宅の前で練習するときに、アスファルトの上を転がしたり、壁に当てたりする事があると、ボールの表面に傷がついて剝がれてきてしまい、すぐに使えなくなってしまいます。

そうはいっても実際には、自宅前の道路や駐車場で練習するというキッズも多いでしょう。

ここで、安いボールを使います。

1,000円程度のものでも十分ですし、デザインのカッコいいものもたくさんありますので、子供の好きなものを買えば、モチベーションも上がり自主練習も前向きに楽しく出来きます。

安いボールは基本的に消耗品として考え、駄目になってきたらどんどん買い換えます。子供にとっては練習したという証明になります。

つまり、シチュエーションに合わせた使い方をすることで、たくさん練習が出来てボールは長持ちし、結果的にトータルコストを安く抑える事が出来るというメリットがあるのです。

「質の高いボール」のおすすめ

質の高いボール、日本サッカー協会(JFA)の認定を受けた「検定球」から選びましょう。

公式戦では、必ずこの「検定球」が使用されます。

メーカーは「モルテン」の一択だと個人的に思っています。

やはり断然蹴りやすい!

当たったときの感触もよく、気持ちよく飛んでいきます。やっぱりボールは大事ですよ。

また、耐水、防砂、耐久性にも優れていて雨で重くなることも、中に砂が入ることも少ないです。

サッカーボールのサイズは、小学生は「4号球」を使用することが決まっています。

イチ押しはコチラ、

モルテン ヴァンタッジオ5000 に対する画像結果

モルテンの最新技術が結集されたボール。バレーボールのようなマットな質感が特徴。

これを選べば間違いなし!

もうひとつおすすめがあります。

モルテン サッカーボール に対する画像結果

価格と品質のバランスが高次元で両立したボール。 リーズナブルでも十分な品質を備え、蹴りやすい。年長~3年生くらいに特におすすめ。

「安いボール」のおすすめ

ここは、とにかく子供の好きなデザインを選びましょう。

一流スポーツメーカーや、海外チームなどカッコいいデザインも多いです。

注意点は、質の高いボールと安いボールで、実感する一番の違いは空気の抜けやすさです。

安いボールはすぐにペコペコになってしまうので、空気入れも合わせて買いましょう。

スポーツ量販店なら、800円程度で売っています。

JUVENTUS ユヴェントスFC サッカーボール 4号
※イメージです。

買う場所は、お店でもネット通販でもどちらでも良いですが、やはりネットショップの方が多くの種類から選べ、安く買えるのでお勧めします。

以上、いかがでしたでしょうか。

では、また。

人気記事 ⇒ ママさん必見!少年サッカーの気になるルールまとめ

タイトルとURLをコピーしました